ホーム > ごあいさつ

ごあいさつ

院長 大橋 章泰 Akihiro Ohashi
自己紹介

日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒
小学校の作文で「将来の夢は獣医」と書き、初志貫徹。
中学・高校・大学時代はサッカー部に所属。

・埼玉県獣医師会 会員
・日本獣医がん学会 会員
・獣医麻酔外科学会 会員
・日本小動物獣医師会 会員

青春時代?

将来への発展を感じさせる街並みと、田園広がる風景と、緑のけやき通りに魅せられて、平成9年1月、吉川市に開業し、早いもので20数年が経ちました。
動物病院数は2倍になり(吉川・三郷地区)、夜間救急病院、二次診療施設も増えました。
セカンドオピニオンも、夜間救急時も、二次診療施設での専門的な治療も、望めば受診可能な時代になってきたと思います。

当院でも、血液検査で調べられる項目は増え、レントゲンはデジタル化して画像は鮮明になり、超音波検査等は、当たり前なものとなりました。 CTやMRI検査、内視鏡検査等も随分身近な検査になったと思います。そして、以前ははっきりしなかったことが確定出来るようになり、検査や治療方針に多くの選択肢が生まれるようになりました。

同じ病気であっても、どのような検査・治療が最善かは、各々違います。
その子にとっての最善な治療は何なのかを、丁寧に的確に判断していくためには、ご家族の方とのインフォームドコンセントが欠かせません。
そのうえで、ご家族と私達と、連携して最善の治療を進めていきたいと考えております。
そこで、受付時間は短くなりましたが、そのための時間をしっかりと確保できる診療時間に変更致しました。また、新しい情報や治療技術を得て日々の診療に活かすため、これまで通り積極的に勉強会などへの参加をして参ります。そのため、臨時休診等もございますが、ご了承いただければと思います。

大きな病院ではありませんが、今後も地域密着型の獣医療を継続し、期待に応えられるような動物病院を目指していきたいと思います。

ページの先頭へ